食欲を我慢せずスリムに

病院外観

医療施設ならではのメディカル痩身術

食べたい気持ちをグッとこらえることは、食事制限のダイエットでは常につきまとう大きな障壁です。ところが美容整形外科などの病院で受けられるメディカルダイエットなら、極端に食欲を我慢せずに済むのが基本となっています。とくに脂肪吸引などでは脂肪細胞を物理的に取るため、食事量を減らして体重を落とす、といったプロセスを踏みません。しかも痩せたい部位を指定できますから、食事量を減らしただけでは難しい部分ダイエットも容易です。そして、メディカルダイエットの豆知識には食欲を抑える薬を使った痩身術もあり、食べたい気持ち自体を抑制できるため、食欲を我慢するストレスを大幅に減らせます。だたし、この薬は長期間継続使用すると、効果が出にくくなる場合もあるとされているのです。そこで病院では効果が薄れる前に服薬を止め、しばらく経ってから再開するなど、何らかの工夫でそれを回避したりします。例えば、ひと月から3カ月程度の短い投薬によって成果を挙げ、それを6カ月から24カ月のサイクルで繰り返す治療スタイルなどです。

食欲抑制剤を使った病院のメディカルダイエットでは、薬の作用で食べたい欲求を抑えるため、間食を我慢できずに困っている人にも効果的です。お菓子やスイーツ類は糖質だけでなく、バターなどの油脂分も多いので、ダイエットでは天敵とも呼べます。そのためこの薬を使った痩身治療を病院で受けますと、間食もストップできることから、その作用でもダイエット効果を望める訳です。このほか、食べる量を減らせば1日の摂取カロリーも削減できるので、コレステロールや糖尿病の予防にも効果を期待できます。また、体を動かして痩せることはとても大切ですが、体重がある状態で無理やり運動すれば、ヒザを傷めるリスクも無視できません。その場合にも食欲抑制剤が効果的で、この薬で予め体重を落としておけば、安心して運動に取り組めるのです。そして、この薬が持つ食欲を抑える効果ですが、これは少量の食事量でも満腹感を得られる作用からも、もたらされています。ですから満腹感を感じながらスリムになりたい時は、このメディカルダイエットに対応する美容整形クリニックで話を聞いてみましょう。

Copyright© 2019 肥満の解消を医学的に行う方法を紹介します All Rights Reserved.